えぬ型管理人のブログ

色々節操無く書いてます。

手抜きの話

最近の日産車(ノート、ラティオ、シルフィ)は手抜きが目立つという話です。
現行キューブやジュークはしっかり作っていて、日産もリバイバルしたんだなあと思っていたのですが、最近のクルマを見ると、やっぱり日産はユーザーを見切ったクルマを出すところは変わらないですね。

ノート
→内装がプラ感丸出しで手抜き。ソフトパッドもなし。ティーダユーザーを取り込みたいらしいがこんなんじゃ絶対無理(私は元ティーダユーザーなので)!ティーダのコンパクトミーツラグジュアリー路線のかけらもなし。
→VDC(横滑り防止装置)義務化ギリギリ直前に発売し、全車オプション。なんだかなあ。
→内装が黒一色だったり、キセノンライトが設定なし。

ラティオ
→1.2L NAだけ。ノートのSCグレードに相当するものも設定して欲しい。
→内装がマーチレベル。初代のコンパクトミーツラグジュアリー路線からブレまくり。日産にクルマのイメージ戦略なんてないのか?
→装備と質感から考えると、値段は先代よりだいぶ高い。
→ルーフが後ろにラウンドしているデザインのため、後席に座ると頭が天井に当たる。首がねじれるホンダインサイトよりはマシだが……。

シルフィ
→新開発1.8Lエンジンなのに、JC08モード燃費がマツダのスカイアクティブGの2.5Lと同じ15.6km/Lにとどまる。当たり前だが減税なし。
→グレード格差が大きい。サイドエアバッグなどは最上級グレードしかついてこない。オプションもない。
→燃費とグレード格差以外はいいんだが……その2点でツメが甘いクルマという印象。

総じて最近の日産車は目先のコストを削って、大きなものを逃してるor冒険してない感が大いにあります。
会社の中のやり方もそんな感じなので、クルマもそうなるんでしょうかね……。せめて手抜き感が見えないような作り方はできないものでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/26(水) 00:43:13|
  2. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くらけん

Author:くらけん
くらけん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (56)
日記 (57)
ゲーム総括 (2)
製作 (6)
フルメタルパンツァーズ (22)
車 (11)
プラモ (6)
ゲーム (52)
DVDレビュー (1)
本レビュー (5)
プラモレビュー (1)
ツール (1)
PC (8)
メタルサーガ (4)
株 (7)
映画 (1)
家電 (0)
バイク (1)
危ない館 (1)

かうんた

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード